没後50年 河井寬次郎展 ―過去が咲いてゐる今、未来の蕾で一杯な今―(兵庫陶芸美術館/兵庫)が開催されます

兵庫県の「兵庫陶芸美術館」にて、河井寬次郎の没後50年を記念した展覧会(巡回展)を開催いたします。
河井寬次郎記念館所蔵作品を中心に、本邦初公開となる山口大学所蔵作品など、陶芸や木彫、書や調度品など約200点を展示し、河井寬次郎の仕事とその精神をご紹介します。記念イベントも予定しておりますので、この機会にぜひご高覧ください。

「没後50年 河井寬次郎展―過去が咲いてゐる今、未来の蕾で一杯な今―」

期間 2018年9月22日(土)~12月9日(日)
開館時間 10:00~18:00(入館は17:30まで)
休館日 月曜日
※ただし9月24日(月・振休)、10月8日(月・祝)は開館し、9月25日(火)、10月9日(火)は休館
場所 兵庫陶芸美術館
料金 一般:1000円(団体800円/夜間500円)、大学生:800円(団体600円/夜間400円)、高校生以下無料
※団体は20名以上
※70歳以上の方は半額となります
※夜間料金は17:00以降の入場で適用となります
※障がい者の方は半額、その介助者1名は無料でご入館いただけます
  • イベント情報
鷺珠江×鞍田崇氏 「河井寬次郎と民藝、そして丹波」
日時 2018年10月13日(土)13:30~15:00(13:00開場)
講師 鷺 珠江(河井寬次郎記念館学芸員、本展監修者)、 鞍田崇氏(哲学者、明治大学理工学部准教授)
場所 兵庫陶芸美術館 研修棟1F セミナー室
料金 無料 ※展覧会の観覧券(半券可)が必要です
定員 110名(先着順・事前申込制)
詳細・お申し込みはこちら
鷺珠江×土井善晴氏 「今、河井寬次郎から学ぶこと」
日時 2018年11月3日(土)13:30~15:00(13:00開場)
講師 鷺 珠江(河井寬次郎記念館学芸員、本展監修者)、土井善晴氏(料理研究家、おいしいもの研究所代表)
場所 兵庫陶芸美術館 研修棟1F セミナー室
料金 無料 ※展覧会の観覧券(半券可)が必要です
定員 110名(先着順・事前申込制)
詳細・お申し込みはこちら
ギャラリートーク
日時 2018年9月22日(土)、10月20日(土)、11月10日(土)、11月24日(土)、12月8日(土)各日11:00~
講師 兵庫陶芸美術館学芸員
料金 無料 ※ただし、展覧会の観覧券(半券可)が必要です
寬次郎の器で楽しむお茶の会
日時 2018年11月25日(日)
[午前の部]10:30~12:00
[午後の部]14:00~15:30
※開場は各部開始15分前~
亭主 鷺 珠江(河井寬次郎記念館学芸員、本展監修者)
※事前申込制(9月下旬~募集開始予定)
※料金・詳細については展覧会の公式ページをご確認ください。

▲ページトップへ