河井寬次郎記念館TOP
河井寬次郎写真

「暮しが仕事 仕事が暮し」 ~土と炎の詩人―河井寬次郎~

清水寺に程近い、東山五条。大通りからひと筋それて路地に入ると、そこは静かな住宅街。
車一台がやっと通り抜けられるほどの狭い道沿いに、民家が建ち並んでいます。そんな京都の人々の生活に溶け込むようにして建っているのが「河井寬次郎記念館」です。
「暮しが仕事 仕事が暮し」の言葉を残した陶工・河井寬次郎の世界をお楽しみください。

記念館について

河井寬次郎について

■冬期休館のおしらせ■


河井寬次郎記念館では、下記のとおり冬期のお休みを頂戴いたします。

【期間】2018年12月25日(火)~2019年1月7日(月)

なお、1月8日(火)より開館いたします。

2019年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。
ミュージアムグッズ販売