河井寛次郎記念館TOP
河井寛次郎写真

「暮しが仕事 仕事が暮し」 ~土と炎の詩人―河井寬次郎~

清水寺に程近い、東山五条。大通りからひと筋それて路地に入ると、そこは静かな住宅街。
車一台がやっと通り抜けられるほどの狭い道沿いに、民家が建ち並んでいます。そんな京都の人々の生活に溶け込むようにして建っているのが「河井寛次郎記念館」です。
「暮しが仕事 仕事が暮し」の言葉を残した陶工・河井寬次郎の世界をお楽しみください。

記念館について

河井寛次郎について

■新館長就任のお知らせ■


前館長・河井須也子逝去に伴い、
この度、河井敏孝が記念館の新館長として就任いたしました。

今後とも河井寛次郎記念館をどうぞよろしくお願い申し上げます。

■御会葬御礼■

この度は、河井寛次郎の一人娘であり、
当館の二代目館長・河井須也子の通夜・葬儀に際しまして、
多くの方々に御会葬賜りましたこと、厚く御礼申し上げます。

また、その両日を臨時休館させて頂きましたため、
当館へ御来館のお客様には大変ご迷惑をおかけ致しました。
ここに深くお詫び申し上げます。

記念館は現在通常通り開館しております。
今後とも河井寛次郎記念館をどうぞよろしくお願い申し上げます。

河井寛次郎記念館

この度の東日本大震災において、被害を受けられた皆様に、 心よりお見舞いを申し上げます。
一日も早いご復興と平安をお祈りいたします。

河井寛次郎生誕120周年記念 ミュージアムグッズ販売