《展覧会》川勝コレクション 鐘溪窯 陶工・河井寬次郎(愛知県陶磁美術館/愛知)

愛知県瀬戸市の愛知県陶磁美術館にて、京都国立近代美術館が所蔵する河井寬次郎作品(川勝コレクション)の展覧会が開催されます。初期から最晩年までの河井の代表的陶芸作品が一堂に展示される他、河井と交友関係のあった他作家の作品が併せて紹介されます。河井寬次郎記念館からは、関係資料類を出品させていただいております。この機会にぜひご高覧ください。

※こちらの展覧会は、2019年4月に京都国立近代美術館で開催された展覧会の巡回展です。
※前期(8月24日~9月16日)・後期(9月18日~10月20日)で展示替がございます。

京都国立近代美術館所蔵 川勝コレクション 鐘溪窯 陶工・河井寬次郎

開館時間 【8月24日~9月29日】9:30~17:00
【10月1日~20日】9:30~16:30
※8月24日(初日)は開会式のため11:00より観覧開始
※入館は各日閉館30分前まで
休館日 月曜日(ただし9月16日・23日、10月14日は祝日のため開館)・9月17日(火)・24日(火)、10月15日(火)
会場 愛知県陶磁美術館
料金 一般:900円(720円)、高校・大学生:700円(560円)、中学生以下無料
※()内は20名以上の団体料金。
※各種割引がございます。詳細は美術館の展覧会詳細ページをご確認ください。
※上記料金で常設展示も観覧できます。
  • イベント情報
記念講演会Ⅰ「祖父・河井寬次郎と川勝堅一の絆」
日時 2019年9月14日(土)13:30~15:00
講師 鷺珠江(河井寬次郎記念館学芸員)
会場 愛知県陶磁美術館 本館 地下講堂
定員 200名(事前申込不要)
参加費 無料
記念講演会Ⅱ「河井と川勝―友情が生んだ珠玉のコレクション」
日時 2019年9月28日(土)13:30~15:00
講師 大長智広(京都国立近代美術館研究員)
会場 愛知県陶磁美術館 本館 地下講堂
定員 200名(事前申込不要)
参加費 無料
担当学芸員によるギャラリートーク
日時 2019年9月1日(日)、15日(日)、29日(日)、10月19日(土)各日13:30~14:30
会場 愛知県陶磁美術館 本館 第1展示室・第2展示室・特別展示室
定員 各日50名(事前申込不要)
参加費 無料(展覧会の観覧券が必要です)
特別連携によるギャラリートーク
日時 2019年10月12日(土)13:30~14:30
会場 愛知県陶磁美術館 本館 第1展示室・第2展示室・特別展示室
定員 各日50名(事前申込不要)
参加費 無料(展覧会の観覧券が必要です)
※瀬戸市美術館で開催中の特別企画展「小森忍・河井寬次郎・濱田庄司―陶磁器研究とそれぞれの開花― 」のギャラリートークに続いて開催します。
ワークショップ「泥で描く!―筒描きワールド―」
日時 2019年9月15日(日)10:30~12:00(本館1階ロビーに10:00集合)
会場 《作品鑑賞》愛知県陶磁美術館 本館 第1展示室・第2展示室・特別展示室
《ワークショップ》愛知県陶磁美術館 陶芸館
定員 20名(要申込/応募多数の場合は抽選)
参加費 一般1,740円/高大生1,540円/中学生以下720円
※展覧会鑑賞後、河井寛次郎も用いた技法「筒描き」で粘土板に絵や言葉を描くワークショップです。
※制作した作品は、完成後に本館展示説明室に展示(10月1日~13日)の後、会期終了後に陶芸館にて引き渡します。
※申込方法等、詳細については美術館の展覧会詳細ページをご確認ください。

※その他のイベント・詳細については愛知県陶磁美術館のホームページをご確認ください。

▲ページトップへ